NOW-OR-NEVER

日常考えていること、英語、旅行、本、音楽など。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
旅からの帰還イコール日常の始まり
旅から帰ると、私はすっかりインドア生活に戻る。
インドアどころか、ひきこもりだ。
家から出るのが億劫で、無理矢理友人を誘い、夕飯が初食事なんてのもざら。
友人に今日何日?と訊いて、やべ○日間風呂入ってないわ・・・と女捨ててるセリフを吐く。
うーむ、旅から帰って幾日かは仕方ないとしても、この生活改めねば。

ネットを徘徊していると、大量の情報に暴露され、まるで知恵を得たかのように勘違いするが、そんなものは一瞬にして消え去るのだ。
ネットの普及により、人は賢くなった、とは決して言えない。
狡賢くなった、とは言えるかもしれないが。
私たちは、逆に、情報の波にのまれて、立ち往生しているのではないか。
取捨選択能力なんて、どこでどうやって身に付ければいいのだろう。

今回旅にパソコン及びイーモバをお供にして、ネットの便利さを感じた半面、ネット情報の恐さも知る。
前日にすべて予定を考え、回る順番やバスの時刻、宿泊場所も決める。
必死にネットで、ネットが通じない屋久島や安楽温泉では携帯で、調べまくったため、毎晩忙しい夜を過ごした。
安宿を調べ(今回泊まった安宿は1500円〜3000円だった)、バスの時刻を調べる。
なんとまあ、バスの便の少ないこと。
バスの時間に私はいつも左右された。

しかも、ネットの情報が間違っているんだな、これが。
宮崎県小林市の陰陽石までのバスは九々瀬行きバスってどのHPでも書いてあるのだが、そんなバスはないのだ。
一生懸命調べたところ、バスは宮崎交通バスではなく、小林市コミュニティバスだと判明。
しかも上九瀬行きって微妙に行き先名違うじゃん!
一つのHPが間違えれば全部間違っていくんだろうなあ。
誰か訂正しろよっつーの。
バスで行く人なんていないんだろうねえ。。。
私は行きはバスで、帰りは徒歩でしたが。
バスの本数は一日5本なため。
バスで15分てのは意外に歩ける距離なんです。
ああ、陰陽石、たかがチ○コ石まで行くのにどれだけ苦労してんだか。。。
あ、私はそういう運命なのかな、目的の男にはなかなか届かない、遠すぎて必死に走る、、みたいな、、、(-_-;)

そんなこんなで今回の旅では歩きまくった私。
バスまであと一時間何もせずに待っていられず、短気なんかな?、私は歩き始めていた。
池田湖→多宝仏塔→開聞駅→長崎鼻までの約20kmをぶっとおしで3時間ぐらい歩き続けたのはきつかった。
私はなぜこんなにも歩いたのか。
短気なだけじゃない、と私は言い訳をしたい。
歩くと楽しいからだ。
歩いていると、発見がある。
歩いていると、人に会う。
だから、私は同じ時間に着くなら、バスより徒歩を選択した。

私は今回その土地の名産品を食べる代わりに、節約できるところは節約した。
夜はおいしいもん食うから、昼はこれで我慢しようと、ボンタン飴一箱で食い継いだこともあった。
友人に買ったお土産という名のお菓子類の中から、いらなそうなものを食い潰していったのだ。
あ、だから、私のお土産はいつもお菓子なんです、餓死しそうになったときにお土産をいただくからなんです。

そんな運動量と食事量に比例してか、どうやら痩せたようだ。
ズボンがぶかぶかすぎて、今日学校に走っていくとき、脱げちまわないようにズボンを引き上げながら走っていくのが大変だったんだ。

あ、そうそう、卒業決まりました。
決まってたようなもんで、別に今更どうってことないんだけどね。
卒業。。。
卒業したからって何がどう変わるのだろう。
いや、もちろん国家試験受けれるし、受かったら仕事始めるけどね。
尾崎豊の「卒業」じゃないけど、「この支配からの卒業」はするが、「これからは何が俺を縛りつけるだろう、あと何度自分自身卒業すれば本当の自分にたどりつけるだろう」。
まあ、目障りな私を形容する固有名詞が一つ無くなってくれたのはありがたい。
卒業という名のセレモニーを、私はどれだけ楽しめるのだろうか。
居心地の悪さを感じながら、やっぱりその居心地の悪さから卒業できると実感するのだろうか。
まあ、先のことだ。
それよりか、読書!映画鑑賞!旅行!
どんどん行きまっせ〜♪
国家試験の勉強?
そんなのは後回しで(笑)
| now-or-never | DIARY | 22:24 | comments(7) | - |
福岡着
無事福岡に帰る。
しかし、私は家の鍵をなくしたのだった。
たぶんあの桜島サイクリングでなくしたのだろう。
鍵がないと分かって、私は困るというより、これは家に帰るな、さまよえということではないかと解釈し、喜んで旅を続けた。

だから家に直接帰れず、友人に預けていた合鍵を取りに行く。
それから誰も出迎えてはくれない家に一人さみしく帰ったのだった。
汚くて寒い部屋が私を現実に引き戻してくれる。

ああ、福岡は寒い。
鹿児島と宮崎の暖かかったこと!
太平洋側と日本海側はこうも違うのか。

そうそ、鹿児島と宮崎の方言は同じだから、人種も同じかと思いきや、顔は全然違うのね。
鹿児島人は彫が深くかわいい系だが、宮崎人は薄い顔が多く、整っていて、美人系だった。

あと、福岡と違って、鹿児島と宮崎は不便すぎる!
バスの便少なすぎるし、バスを調べようにもHPの説明不足。
大変苦労して旅をする羽目になった。
車なしだと難しいと言われる南九州をどこまで車なしで旅できるかという今回の旅の目的であったのだが。
マイナースポットばかり行ったので、ある意味海外より難しい旅行だった。

まあ、なんだかんだで、無事帰れてよかった。
誰にも心配されず、メールも来ず、いやたった一人から「無事に旅続けられているか?今どこ?」とメールが来たのはうれしかった。
一人旅は孤独な旅である。
孤独すぎて死を意識することも度々である。
そんな旅で出会った人々、情報を教えてくれた友人、心配してくれた友人に感謝する。

楽しさ半面、辛さ半面。
しかし旅はやめられない。
思うに、私は子供の頃からジュールベルヌの小説を読みまくったり、探検ごっこをしたがったり、旅に対する憧れが半端じゃない。

守るべき人ができたら旅をやめるのかもしれないとふと思う。
だからこそ、今特に大事なものがないからこそ、こんなめちゃくちゃな旅ができるのではないかと思うのだ。
誰も出迎えてくれないさむくてさみしい我が家は、旅への憧憬を募らせる。
| now-or-never | TRAVEL | 22:23 | comments(0) | - |
宮崎〜宮崎市内
さて、実は昼食を食べていなかった。
宮崎市の市街地に舞い戻り、散策しながら飯屋を探す。
釜揚げうどんを食べたいと思い探したのだが、釜揚げは夜遅くしかやっていない。

おぐらというチキン南蛮の有名店を発見し、チキン南蛮を食べることにした。
ボリュームあるなあ。
で、チキン南蛮食べ始めるも、私脂っこいの苦手なんです。
最後のほうはもうぐったり、てか吐きそうになっていた。
やっぱ私、チキン南蛮食えんわ。
ううっ、気持ち悪っ。
嫌いなものさえ名物だからと必死こいて食べる私だった。

宮崎観光で人気スポットはやはり県庁だろう。
だがあいにく、今日は土曜日であり、県庁は休みであった。
外観だけでもと県庁に出向く。
おおっ、ライトアップされていてきれいだ。

この日もネカフェで一冊も読み終えることなしに熟睡。
次の日、私は女性専用バスで宮崎から福岡まで帰ったのだった。
女性専用バスでは、なんとソイジョイとかいう健康食品、カロリーメイトみたいなやつをもらえるのだ。
それを昼食にするという目的で、女性専用バスを予約した私だった。
ヘッドホンを渡されるからなんとなく聞いてみたらチャンネルが二つあり、一つはルパン三世で、一つは幸福の科学だった。
なんじゃこりゃ。
もちろん後者の方をずっと聞いてましたよ(笑)
| now-or-never | TRAVEL | 22:22 | comments(0) | - |
宮崎〜青島神社
青島神社は、山幸彦(彦火々出見命)が海宮から帰ってきたときの住居の跡で、彦火火出見命・豊玉姫命・塩筒大神の三神を祭っている。
昔から霊地として一般の入島は許されず、藩の島奉行と神職だけが入島していたそうだ。

青島神社には橋を渡って行く。
周りは鬼の洗濯板ばかりだ。

水に溶ける願い符なるものがあり、やってみた。
紙に願い事を書いて息を吹きつけ、左の器の水の上に浮かべ、龍の口から出る水をすくってかけると、紙が消えてしまうのだ。
秘密裏に願い事ができるという素晴らしいものだ。
え?何を願ったかって?
秘密、秘密、秘密のあっこちゃんなのさ。

そうそ、不思議なことに龍の口から出る水は周りが海に囲まれているのに真水だそうだ。
青島神社のお守りはかわいかった。
ひょうたんだったりハートだったり龍だったり、かわいらしいお守りが多くてつい欲しくなるが、お守りなんて買ってどうする?どこに付ける?何を祈る?と冷静に考え、買うのをやめるのだった。

あ、ちなみにお賽銭もいつも一円を投げてます。
何も投げないのは変だからね、一円を投げ入れて、「願い事がすべて叶いますように」と願うのだ。
こんなことしてるから貧乏神が取り付くのか?
| now-or-never | TRAVEL | 22:22 | comments(0) | - |
宮崎〜道の駅フェニックス
道の駅フェニックスから日南海岸を見下ろす。
鬼の洗濯板が連なっている。
鬼の洗濯板とは鬼が使うぐらいの大きな洗濯板みたいに岩が波に浸食されてできたものである。
いやあなんと不思議な光景だろう。
きれいに岩が20度の傾斜で並んでいる。
| now-or-never | TRAVEL | 22:21 | comments(0) | - |
宮崎〜サンメッセ日南
サンメッセ日南にはモアイ像が並んでいる。
イースター島長老会から世界で唯一許可され完全復刻した7体のモアイ像である。
ラウンドカーの貸し出しをやっていて、私はちょうどいい、運転の練習をしようと借りることにした。
係りの人にサイドブレーキはこれですと説明されたが、サイドブレーキって何ですか?と訊く始末。
初めは不安でいっぱいだったが、なんとか運転した。
バックもできたし、人も轢かなかったぞ。
モアイ像やら地球感謝の鐘やらけったいな建造物は大好きだし、ラウンドカーの運転は楽しいし、なかなか楽しいスポットであった。
(地球感謝と変換してなぜ恥丘緩瀉と出る。。。)

土産物屋のモアイグッズは楽しくて、モアイティッシュケース、知事顔ティッシュケースに至っては吹き出してしまった。
| now-or-never | TRAVEL | 22:21 | comments(0) | - |
宮崎〜鵜戸神宮
私はバスで日南海岸を行く。
どこまでも続くコバルトブルーの海。
何度も何度も打ち寄せる白い波。
広い空とそこに浮かぶ雲々。
燦々と照らす太陽。

日南海岸は以前新婚旅行先として人気だったみたいだが、分かる気がする。
私も新婚旅行は海がいいなあ。
って結婚の予定どころか恋人いませんが。。。
  
鵜戸神宮は、断崖の洞窟内にある神社だ。
鵜戸神宮は日本神話に語られる山幸彦・海幸彦の伝説の舞台となった場所として知られる。
兄海幸彦と弟山幸彦はそれぞれ漁と狩りを生業として暮らしていたが、ある時、山幸彦の申し出によって互いの道具を交換して仕事に出る。
慣れぬ仕事で成果は上がらず、さらには山幸彦は兄の大事な釣り針を無くしてしまう。
途方に暮れる山幸彦は塩椎神の助言に従って海神・綿津見神の龍宮へ行き、そこで綿津見神の娘である豊玉姫を妻とする。
やがて山幸彦は釣り針を取り戻して陸に戻るが、山幸彦の子を身ごもっていた豊玉姫が出産のためにやってくる。
急いで今の鵜戸神宮の建つ洞窟に産屋を造ったが、屋根の鵜の羽の茅も葺き合わぬうちに御子は誕生した。
そのことから生まれた子は鵜葺屋葺不合命(うがやふきあえずのみこと)と名付けられ、鵜戸神宮はこの鵜葺屋葺不合命を祀っている。
「出産の時には本来の姿に戻らなくてはならず、その醜い姿を見られたくないから出産の際は産屋の中を覗かぬように」と豊玉姫は山幸彦に言ったのだが、心配する山幸彦は中を覗いてワニの姿に戻って出産する姫の姿を見てしまう。
それを悲しんだ豊玉姫は海原の国へ戻ってしまった。

姫は子のために両乳房を洞窟にくっつけて行かれたと伝えられ、その「おちちいわ」は安産、育児を願う人々の信仰の拠り所である。
また、おちちいわより滴り落ちる水でつくった「おちちあめ」は母乳の出がよくなるといわれる。
山幸彦ひとりで子を育てるのは大変だろうと、豊玉姫は妹の玉依姫を乳母として地上に送る。
やがて成長した鵜葺屋葺不合命は玉依姫を妻とする。
ふたりの間に生まれた子の一人が、後の神武天皇である。

神宮前の海に浮かぶ霊石亀岩は豊玉姫が竜宮から乗ってきたと言われ、その背中の窪みに運玉を投げ、見事に入ると願いごとが叶うと言われる。
男性は左手、女性は右手で投げる。
もちろん私は入らなかった。
しかしこの洞窟といいおちちいわといい亀石といい、自然の造形って。。。
| now-or-never | TRAVEL | 22:20 | comments(0) | - |
宮崎〜宮崎駅
さて、三之宮峡から陰陽石バス停まで引き返すが、バスの時間までかなりある。
こりゃ歩いた方が早いと、私は小林駅まで歩くことを決意。

途中、田の神という新しく田をつくることの記念と豊作を願って作られた石像に出会う。
それから、西南戦争で西郷が退却する際通過した西郷どんの道を通る。
歩きに歩いて、とうとう小林駅に着く。

しかし、電車の時刻までもまだまだ時間があった。
小林駅の隣りの観光案内所で携帯を充電させてもらいながら、案内所の人と私の旅について話す。
しかしこの観光案内所も5時半で閉まるため、私は寒い駅でひたすら電車を待つことになった。
イーモバが通じないのも痛い。
宮崎のホテルを調べようにも携帯の電池も少ないし。

小林駅の外を見るとすっかり暗くなり、駅前のイルミネーションが立派だった。

小林駅から都城駅に行く。
都城とは、あの東国原宮崎県知事の故郷である。
以前、都城出身の友人宅に泊めてもらったことがあるが、友人宅の巨大な医院にびっくりしてしまった。
田舎の開業医ってのはこんなでかいものなのかと。

都城駅で乗り換えて、宮崎駅方面に向かう。
都城駅の次は三股駅である。
みまたと読む。
決してさんまたではない。
三股という名字があるから、私は九州に来て驚いたものだ。
さんまたくんかよと。

降りてびっくり、宮崎駅は近未来的な風貌を呈していた。
J・フェルナンド・テルヤ氏の設計だそうだ。
う〜む、なんか、駅って感じがしないよね〜。変な駅。

駅内にはお決まりの東国原知事のパネルが。
今後もどの店でもこのパネルを目にすることになる。
いまだに人気なんだろうか。

宮崎市で困ったことには、市内にはドミトリーがないのだった。
格安ホテルもあるにはあるも、週末と重なり、うまっていた。
一番安い2100円のカプセルホテルは男性専用だというし。
しょうがない、ネカフェに私は向かう。
しかし、宮崎市は変なことに、駅前は閑散としていて、繁華街まで徒歩で10分くらい歩かねばならないのだ。
ネカフェまで10分くらい重い荷物をしょって歩く。
そして漫画を読む間もなくネカフェでぐっすり熟睡。
| now-or-never | TRAVEL | 22:19 | comments(0) | - |
宮崎〜三之宮峡
陰陽石の近くに、三之宮峡という浜の瀬川に沿った美しい自然を満喫できる遊歩道がある。
そうそ、私の目的は三之宮峡なのだ、決して陰陽石ではない(笑)
しかし、三之宮峡に行くのに迷う。
途中で道を曲がってしまい、三之宮峡に着かず、近くを走る車を止めて、三之宮峡はどこですか?と訊いた。
三之宮峡まではけっこう遠いよ、車に乗せて連れてってあげるよと、親切にも仕事帰りとみられる男女の車に乗り込む。
これでヒッチハイクも三回目か。
 
無事三之宮峡に着き、散策開始。
三之宮峡遊歩道は以前木材を運ぶためのトロッコ道だったそうで、11個ものトンネルは一つのトンネルに三ヶ月もかけて掘られたそうだ。
トンネル内は薄暗く、足元が見えない。
でもこれぐらいの暗さはへっちゃらだ。
無謀な桜島サイクリングと熊襲の穴探検のせいで。
おかまいなくトンネルを突き進む。

屏風岩とは、高さ32m、幅60mからなる岩肌で、屏風のように見えることからこう呼ばれている。
屏風?あんま見えないが。

河童洞とは、畳50枚ほどの広さがある洞窟で、月明かりの夜、人影のないときに河童達が遊んでいて、一度入ったら二度と出てこれないという伝説の洞窟だ。
へえ。入ってみたいね。

千畳岩とは、霧島火山群に属する輝石安山岩が、熱変成や川の浸食により亀裂が生じて出来たもので、畳を敷き詰めたように見えることから「千畳岩」と呼ばれている。

櫓の轟(やぐらのとどろ)とは、櫓は火の見櫓のように高いという意味で、轟は周りの場所では普通の沢音に聞こえるが、滝壺をのぞき込むと淵にこもった滝音がとどろき渡ることから、地元の人がいつからともなく「櫓の轟」と呼ぶようになったそうだ。
遊歩道から下りて、川の間近に行ってみる。
苔の生す岩を歩くと、すべるすべる。
危ないわ、危な岩。(笑うところ)
こりゃ危ないと気をつけながら、滝を覗き込むと、ごうごうとおそろしい音が鳴り響く。
うわあ、こわ。
チキンなんで、急いで引き返すのだった。

橋満橋は、戦時中だったため鉄筋が手に入らず、代わりに竹を使った竹筋コンクリート及び石材を用いた大変珍しい橋で、歩道の最後にある。
また、第五トンネルの上を見上げると三之宮橋が見える。

とてもステキな遊歩道だった。
しかし擦れ違ったのは一組の老夫婦のみ。
一人さみしく自然を満喫してきたのだった。
| now-or-never | TRAVEL | 22:18 | comments(1) | - |
宮崎〜陰陽石
さて、次の珍スポットは、陰陽石である。
小林市コミュニティバスで陰陽石まで向かう。
 
陰陽石歓迎の門をくぐり、進むと、陰陽石神社がある。
さらに行くと、、、
わおっ、でかっ、さすがに入んねーよ!

男石が高さ17.5m、女石が周囲5.5mあるという。
霧島火山帯の溶岩が造り出した自然の妙技だそうで、美女に見ほれた竜が天から降りてきたという伝説もあるとか。
男女一対であるのは世界的にも珍しい。

浜の瀬川には二つの奇石 人にゃ言うなよ 語るなよという詩を野口雨情が詠っているが、語っちゃいました。
だって、やばいよ、これ。
すごいね、自然て。

「男女和合愛の資料館」なる秘宝館があるというネットの情報だったが、今は何もない。
ここも一人も人がいないさびれたスポットであった。
だ〜れもいない陰陽石の前のアレの形の木のベンチにまたがって遊ぶ私。
| now-or-never | TRAVEL | 22:18 | comments(0) | - |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
会うまでの時間 自選歌集
会うまでの時間 自選歌集 (JUGEMレビュー »)
俵 万智
俵万智の自選歌集。
サラダ記念日、チョコレート革命、懐かしいあの歌、、、
きみに読む物語 スタンダード・エディション
きみに読む物語 スタンダード・エディション (JUGEMレビュー »)

こんなふうに人を愛し、愛し続けたいと思う、、、
エターナル・サンシャイン DTSスペシャル・エディション
エターナル・サンシャイン DTSスペシャル・エディション (JUGEMレビュー »)
ジム・キャリー
忘れられたらと一番思うものが、今一番忘れたくないことだったりする
誤読日記
誤読日記 (JUGEMレビュー »)
斎藤 美奈子
ひねくれ者の毒舌書評。
 

 

 

このページの先頭へ