NOW-OR-NEVER

日常考えていること、英語、旅行、本、音楽など。
<< 宮崎〜三之宮峡 | main | 宮崎〜鵜戸神宮 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
宮崎〜宮崎駅
さて、三之宮峡から陰陽石バス停まで引き返すが、バスの時間までかなりある。
こりゃ歩いた方が早いと、私は小林駅まで歩くことを決意。

途中、田の神という新しく田をつくることの記念と豊作を願って作られた石像に出会う。
それから、西南戦争で西郷が退却する際通過した西郷どんの道を通る。
歩きに歩いて、とうとう小林駅に着く。

しかし、電車の時刻までもまだまだ時間があった。
小林駅の隣りの観光案内所で携帯を充電させてもらいながら、案内所の人と私の旅について話す。
しかしこの観光案内所も5時半で閉まるため、私は寒い駅でひたすら電車を待つことになった。
イーモバが通じないのも痛い。
宮崎のホテルを調べようにも携帯の電池も少ないし。

小林駅の外を見るとすっかり暗くなり、駅前のイルミネーションが立派だった。

小林駅から都城駅に行く。
都城とは、あの東国原宮崎県知事の故郷である。
以前、都城出身の友人宅に泊めてもらったことがあるが、友人宅の巨大な医院にびっくりしてしまった。
田舎の開業医ってのはこんなでかいものなのかと。

都城駅で乗り換えて、宮崎駅方面に向かう。
都城駅の次は三股駅である。
みまたと読む。
決してさんまたではない。
三股という名字があるから、私は九州に来て驚いたものだ。
さんまたくんかよと。

降りてびっくり、宮崎駅は近未来的な風貌を呈していた。
J・フェルナンド・テルヤ氏の設計だそうだ。
う〜む、なんか、駅って感じがしないよね〜。変な駅。

駅内にはお決まりの東国原知事のパネルが。
今後もどの店でもこのパネルを目にすることになる。
いまだに人気なんだろうか。

宮崎市で困ったことには、市内にはドミトリーがないのだった。
格安ホテルもあるにはあるも、週末と重なり、うまっていた。
一番安い2100円のカプセルホテルは男性専用だというし。
しょうがない、ネカフェに私は向かう。
しかし、宮崎市は変なことに、駅前は閑散としていて、繁華街まで徒歩で10分くらい歩かねばならないのだ。
ネカフェまで10分くらい重い荷物をしょって歩く。
そして漫画を読む間もなくネカフェでぐっすり熟睡。
| now-or-never | TRAVEL | 22:19 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 22:19 | - | - |









      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
会うまでの時間 自選歌集
会うまでの時間 自選歌集 (JUGEMレビュー »)
俵 万智
俵万智の自選歌集。
サラダ記念日、チョコレート革命、懐かしいあの歌、、、
きみに読む物語 スタンダード・エディション
きみに読む物語 スタンダード・エディション (JUGEMレビュー »)

こんなふうに人を愛し、愛し続けたいと思う、、、
エターナル・サンシャイン DTSスペシャル・エディション
エターナル・サンシャイン DTSスペシャル・エディション (JUGEMレビュー »)
ジム・キャリー
忘れられたらと一番思うものが、今一番忘れたくないことだったりする
誤読日記
誤読日記 (JUGEMレビュー »)
斎藤 美奈子
ひねくれ者の毒舌書評。
 

 

 

このページの先頭へ