NOW-OR-NEVER

日常考えていること、英語、旅行、本、音楽など。
<< 婉曲表現 | main | 呪縛に縛られ、そこから抜け出したいと決意してみた。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
女の第六感
話を聞かない男、地図が読めない女―男脳・女脳が「謎」を解く

女の勘は鋭い。
女なんてちょろいと女を甘く見るべきではない。
男は自覚すべきだ。

単に男がドジなのもある。
大雑把であり隠そうともしない。
隠そうとしても明らかに不自然である。
女は過去の経験から分析し、なんかおかしいと感じ取ってしまうのだ。

医学的にも女の勘の鋭さは証明される。
女の脳は男に比べ、脳梁が約1.3倍太い。
脳梁とは右脳と左脳をつなげる神経繊維の束のことで、脳梁が大きければ大きいほど、右脳と左脳の情報交換が活発に行われる。
従って、女は右脳と左脳で情報をバランスよく使い、総合的な判断を下したり、未来の予想を算出したりすることが得意だ。
女の勘の鋭さは、観察力、洞察力に優れた女の脳力の高さからくるそうだ。

一方、脳梁の太さが災いを招くこともある。
感情を司る右脳の興奮が論理的思考を司る左脳に伝わり、脳全体が混乱しパニック状態になることがある。
男が女は感情的で扱いにくいと感じるのはこのためだ。
反対に、男は脳梁が細いので左右が別々にしか動かない。
男が冷静に見えるのは単に片方しか脳を使っていないからなのだ。
このため、男は判断に時間を要したり、偏った考え方をしたりする。

私が複数のことを同時にこなせるのは脳梁が太いから。
感情的なのも脳梁が太いから。
と、集中力の無さと感情的な理由を脳梁に押し付けてみた。
| now-or-never | BOOK | 16:56 | comments(4) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 16:56 | - | - |
>反対に、男は脳梁が細いので左右が別々にしか動かない。
>男が冷静に見えるのは単に片方しか脳を使っていないからなの>だ。
>このため、男は判断に時間を要したり、偏った考え方をしたりす>る。

あなたは女の短所と男の長所を全然理解してない。

女は右脳と左脳を繋ぐ脳梁が太いため、同時にたくさんの情報を取り入れることができる。
が、その反面右脳と左脳の情報の受け渡しが活発なため、情緒的に繊細で情緒不安定にもなりやすく
情報を上手くまとめて把握できずに、ヒステリックになりやすく、パニックにもなりやすい。
(うつ病やパニック障害は、女は男の2倍以上なりやすいと言われてる)

女は右脳と左脳を繋ぐ脳梁が太いため、同時に沢山の情報を
取り入れることができる。
そのため理論と感情論を、同時に使うことができる。
ただそれは、右脳と左脳の情報の受け渡しが活発なため
情報を上手くまとめて把握できず、さらに空間把握能力の欠如から
感情論や主観に走りやすい、ということでもある。
それに対し男は脳梁が細く、右脳が発達している。
つまり、右脳に偏った脳の作りになっている。
脳梁が細く、右脳と左脳の情報の受け渡しが活発ではない男は
一辺に沢山の情報を取り入れることはできないが、情報を上手くまとめて
把握することができるため、感情論に走りにくい。
さらに右脳が発達し、空間把握能力の優れている男は
物事を論理的に考えたり、客観的に見ることを得意とする。

空間把握能力とは、その名のとおり空間を把握する能力だが
例えば音楽感覚 空間構成、もう少し具体的に言えば方向感覚や、距離感覚、自分や物体の動きの把握
イメージ、物事を大まかに捉える能力などに影響するもの。
右脳の発達している男は、この空間把握能力が優れている。
これらは狩りをするために、方向感覚などが必要だったため、と言われている。
| | 2006/03/11 4:47 AM |

管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2006/03/20 4:45 AM |

私はこの本が気に入りません!(笑

私の周りでは、男性の方が方向音痴が多いからです、圧倒的に!です。
(特に酷い人は、日中でも街中で、東西南北すら分からなくなっています)

私は地図を頭に入れることが得意です、海外へ行くときも町の地図、行動範囲はほぼ覚えます。
「初め来たとは信じられない」と、良く驚かれます。
| shiori | 2006/08/18 1:44 PM |

管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2012/07/20 1:32 PM |










http://now-or-never.jugem.jp/trackback/185
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/06/04 10:17 PM |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
会うまでの時間 自選歌集
会うまでの時間 自選歌集 (JUGEMレビュー »)
俵 万智
俵万智の自選歌集。
サラダ記念日、チョコレート革命、懐かしいあの歌、、、
きみに読む物語 スタンダード・エディション
きみに読む物語 スタンダード・エディション (JUGEMレビュー »)

こんなふうに人を愛し、愛し続けたいと思う、、、
エターナル・サンシャイン DTSスペシャル・エディション
エターナル・サンシャイン DTSスペシャル・エディション (JUGEMレビュー »)
ジム・キャリー
忘れられたらと一番思うものが、今一番忘れたくないことだったりする
誤読日記
誤読日記 (JUGEMレビュー »)
斎藤 美奈子
ひねくれ者の毒舌書評。
 

 

 

このページの先頭へ