NOW-OR-NEVER

日常考えていること、英語、旅行、本、音楽など。
<< 恋愛心理テスト | main | 暗い歌詞 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
キスマーク
キスマークを付けられて困っている友人がいたので、キスマークについて調べてみた。

キスマークを付けるということはどういうことだろう。
マーキングの意味だろうか、こいつは俺のものという。
征服欲か独占欲か。
キスマークの意味を考察するのはおもしろい。
ー己主張
⊆仕平
I盖に瓢

強いあるいは濃いキスマークは相手の了解のもとということだ。
.薀屮薀屬屬蠅鮗りにアピールしたい
▲廛譽い琉貅
I盖に瓢漾浮気の罰

ここで一句どころか二句。
キスマーク嫌がる君は誰と浮気しているの?
キスマーク付けるように君は心に青あざ付ける


キスマークはエンゲージリングと同じ意味を持ちます。つまり予約済みということです。見えるところにつけるのは、マーキングの意味、つまり俺の女に手を出すなという意味になり、見えないところにつけるのは、あからさまに「俺の女だ!手を出すな!」という意味になりませんが、Hはさせないぞ!という意味になります。つまり首につけるキスは結婚指輪やペアルックと同じ効力を持ちます。仲が良くていいですが、セックスしていますよいうサインなので常識的には大人はやりません。また、男性が首にキスマークをつけていると、社会人では評価が格段に落ちます。キスマークはセックスしたよということを表すので、お客様やお得意様の前にキスマークのついた首を見せること自体が失礼にあたります。また、キスマークは女性の嫉妬心をあらわしますので、つきあっている女性をコントロールできないとみなされます。女性をコントロールできないのは能力の低い男性とみなされるため、社会に出てから首にキスマークをつけていれば、今の時代ならリストラされてしまいかねません。ですから、逆に社会に出る前しかできないことですので、やるなら今のうちに思いっきりやってください。

キスマークは医学用語で吸引性皮下出血という。
吸引性皮下出血の言葉からも推測できるようにキスマークはケガにあたり、された人に訴えられれば傷害罪になる場合がある。

キスマークの消し方
1.血液の循環をよくするため、患部を蒸しタオルなどで暖めるのがよい。
また、その後スライスしたレモンを当てる(またはレモン汁をかける)と簡単に消すことができる。
2.馬肉(または牛か豚)を2時間おきに替えながら一晩患部に乗せる。
馬油でもいい。
化粧品などで馬油成分の入ったクリーム類でもいい。
3.ヒルドイド、ペリドール、ヘパリンナトリウム、メディナースHP軟膏など内出血用の軟膏でマッサージする。
それらの軟膏に含まれるヘパリン類似物質が血行をよくする。
そのほか、血液が固まるのを防ぐ作用や、鬱血を改善し傷の治りをよくする作用もある。
4.コンシーラ、ファンデーションを塗る。
5.タートルネックのトップス、スカーフでごまかす。
6.転んであざを作ったと言う。
7.たくさん付けまくって、皮膚病と偽る。
8.正直に白状する。
| now-or-never | IDEA | 15:48 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 15:48 | - | - |
そうなんですね。
キスマークをもっと甘く考えてました。
社会人なので気をつけようと思います…。
参考になりました。
ありがとうございます。
| 某 | 2006/12/17 11:18 PM |

管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2010/03/21 10:47 AM |










http://now-or-never.jugem.jp/trackback/393
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
会うまでの時間 自選歌集
会うまでの時間 自選歌集 (JUGEMレビュー »)
俵 万智
俵万智の自選歌集。
サラダ記念日、チョコレート革命、懐かしいあの歌、、、
きみに読む物語 スタンダード・エディション
きみに読む物語 スタンダード・エディション (JUGEMレビュー »)

こんなふうに人を愛し、愛し続けたいと思う、、、
エターナル・サンシャイン DTSスペシャル・エディション
エターナル・サンシャイン DTSスペシャル・エディション (JUGEMレビュー »)
ジム・キャリー
忘れられたらと一番思うものが、今一番忘れたくないことだったりする
誤読日記
誤読日記 (JUGEMレビュー »)
斎藤 美奈子
ひねくれ者の毒舌書評。
 

 

 

このページの先頭へ