NOW-OR-NEVER

日常考えていること、英語、旅行、本、音楽など。
<< やさしさ≠愛 | main | 欲 >>
スポンサーサイト
この広告は45日以上更新がないブログに表示されております。
新しい記事を書くことで広告を消すことができます。
| スポンサードリンク | - | | - | - |
口唇期的性格
以下のような人はフロイトのいうところの口唇期に問題があるのではないか。
タバコ好き、ガム好き、キス好き、酒飲み、爪を噛む、指をしゃぶる、甘えん坊、依存的、受動的、他人に対する過剰な信頼と過剰な期待、愛情欲求を強く求める、皮肉屋、攻撃的、おしゃべり
お口のプレイが好き?
それはまた違うだろ。
以下、引用。

フロイトによれば性的な欲動は思春期から始まるのではなく、乳幼児期から存在するものであるとし、この欲動を満たす身体の部分から独自の発達段階を考えた。各段階は、本能的で非学習性の生物学的衝動に支配されている。この衝動は快楽主義的なもので、それぞれの段階で身体のさまざまな「性欲刺激」が刺激を受け、性的満足が生じる。
この発達段階は、「口唇期」、「肛門期」、「エディプス期」、「潜伏期」、「性器期」に区分される。
発達の各段階において、リビドー動因の充足や阻止の程度により、心理内葛藤が起こる。ある段階で、過度の満足やフラストレーションがあると、辻の段階へ正常に進むことが妨げられ、その段階での固着が生じる。このような固着は、子どものその後の環境との相互作用のあり方に影響を与える。

口唇期とは、口唇領域に快感を得ると考えた生後18ヶ月ぐらいまでの時期をいう。この時期、乳児は乳を吸うという行為を通してリビドー(欲動)を充足させる。これにより乳をくれる母親などの養育者への愛着を生じさせ、対象への愛を感じるようにリビドーが広がっていく。

この口唇期で十分に欲求を満たされないと、大人になっても依存的になり、愛情欲求を強く求めるようになる。特に、人に気にいられるように振る舞い、承認をもらえないと悲観して無気力に陥りやすい。また、口からの満足を求めやすく、飲食、喫煙、食べることへのこだわりも強い。
 
口は人間が最初に発見する快楽の源泉です。口から満足を得ることによって、赤ちゃんは「信頼・安定感」という人格をのばします。逆に乳離れが早すぎて、この時期の快楽を充分に与えられないと、皮肉屋で、攻撃的な人格となってしまうのです。そして、この時期の快楽にいつまでもいつまでも拘るのことを口唇期「固着」といいます。

口唇期を引き摺る人は、他者と自分の区別がつかないので、他者を過剰に信頼し、自己同一化を図ります。他者に過剰に期待します。幼児が母親を自分の体の一部だと思っているのと同じ期待です。この過剰な信頼と過剰な期待は、現実の信頼関係に基づくものではなく、むしろ現実を見失っていることに基づくので、常に裏切られます。口唇期を引き摺る人は、なぜ他者が自分の「期待」「信頼」に応えないのか理解できません。その「期待」「信頼」は、口唇期を引き摺っている人の一方的思い込みでしかなかったのだが、彼はそれを認め受け入れることができません。彼は常に他者を「裏切り者!」と批難します。誰も彼を裏切っているわけではないのですが。

口唇期は快楽原理が口に集中する時期です。この時期は乳幼児がものを口に入れ、吸い、かむことによって欲求が解放されます。この時期にこの欲求が満たされないまま成長すると、ひどい受動的、依存的、甘えなどの特徴がみられます。人間が愛する人と接吻(キス)することもこの時期に関係があります。キスをして心地よいのは口唇期へ退行する幼児(というより乳児)的快楽のあらわれです。ゆえに、退行を起こさない完全な精神の持ち主はキスをしても何の快楽も得られないそうです。

1、口唇期(0〜2歳)
2、肛門期(2〜3歳)
3、男根期(3〜6歳)
4、潜伏期(6〜12歳)
5、性器期(12歳〜)
特に1〜2はその人の人格形成にとってとても大きな影響を及ぼす。

1、口唇期
この時期は誕生から離乳までの時期で、授乳体験を通しての性格形成を指すものです。授乳は単に食欲を満たすだけのものではなく、乳(おっぱい)は赤ちゃんにとって人生最初の外界からの贈物であり、乳を拒否されることは愛情の拒否にもつながります。母の胸に抱かれて乳を飲むということは、母とのよき一体感と生の喜びを満喫することでもあるのです。幾ら泣いても授乳されないと、人生は、求めても応えてくれない無情なものと、否定的な態度を育成することになるか、あるいは、慢性の愛情飢餓状態に陥るといわれています。おっぱいを通して、母と子の信頼関係が作れるかどうかが、この節目のポイントです。
乳は与えるべき時期には気前良く与え、離乳の時期になったら分離不安(母と子の)を感じさせないように徐々に離乳させていかなければいけないものなのです。
この時期に問題を持つ人を口唇期性格といい、大人になって甘ったれであるとか酒のみであるとか言われます。また、極端な場合、赤ちゃんの要求がことごとく退けられ、母と子のコミニュケーションが閉ざされると、心を閉じた赤ちゃんが出来上がります。これは、母にとってまったく手が掛からない、都合の良い赤ちゃんとなります。これは『完壁な赤ちゃん』とか「サイレント・ベビー」などと呼ばれており、心に問題を持つと言われています。

2、肛門期
離乳後から幼稚園入園までの時期を肛門期といいます。トイレ(排尿、排便)のしつけを通してセルフコントロールの訓練をする時期です。このしつけがあらゆるしつけの原点であり、欲求充足を延期する訓練です。(トイレに行くまで排尿、排便を我慢することです。) このしつけが厳しすぎると、他の面でも厳しすぎて、きちんとしなければ気が済まなく、四角四面で融通がきかない性格が出来上がると言われています。そしてこのように厳しすぎるトイレのしつけを受けた時、その反動としてケチな性格になりやすいと言われています。これを肛門期的性格と呼ばれています。
トイレの中は母と子の秘密の場所であり、トイレの出来事は母と子だけの重要な秘密なのです。秘密を母が破っては絶対にいけません。母と子の信頼関係はここでつくられるのです。子供の排尿、排便の失敗を人前でなじったり怒ったりすることが続くと、子供は恥じを知らない性格となってしまいます。羞恥心は人間の大切な心です。恥知らずの人間は、この節目がうまく通過できなかったためと言われています。

3、男根期
男根期とは、排泄のしつけのすんだ後の幼児期をいいます。男児はペニスを有することを誇り、女児はそれがないことに劣等感を持ち、それを持ちたいと思う時期です。
よく幼稚園で、年少の女児が、男児とトイレで同じようにおしっこをして靴下やパンティをぬらしている光景を見かけます。これは女児のペニス羨望のあらわれの顕著な例です。ペニスは力の象徴であり、男の子が男らしさを、女の子は女らしさを身につける時期です。それぞれのからだの仕組みのちがい、それぞれの良さを自覚させて育てることが大切です。この時期はエディプスコンプレックスの時期とも呼ばれています。女の子は母を通して母を自らの中にとり入れて、やさしさや女らしさ身につけ、そして、父の愛を得ようとする時期です。男の子は、父とライバル関係になることで父と張り合い、母の愛を得ようとし、男らしさを学習する時期です。子供はそれぞれ異性の親の愛を得るために、男らしさ、女らしさを身につけていくのです。異性の親への憧憬により、同性の親のパーソナリティを摂取して成長する大切な時期です。

4、潜在期
これは小学校に入って、社会のルール(禁止、命令、義務)の中での生活が始まることによって、本能的な欲求を抑制し、そしてそれを潜在化しなければいけない時期です。この時期に大切なことは社会のルールに従って抑圧した分を社会で容認される形で発散させることです。またこの時期は、エディプスコンプレックスの時期でもあるので、異性の親の愛情(優しさ、スキンシップ)が何より大切なことは言うまでもありません。そして父親の権威、力、威嚇が特に男の子にとって必要です。父の強さが示されないと、男の子は、強くたくましい男になれないのです。さらに、母の子供への干渉過多は子供をダメにしてしまうことは周智のとうりです。

5、性器期
性的感情が出てくる時期で、そのことに不安や罪悪感を持つことなく、異性との好ましい感情交流を持てることが必要です。これは、口唇期、肛門期、男根期、潜在期、のそれぞれの節目を無事通過してこそ理想的な形で到達できるもので、パーソナリティ形成上、未解決な問題を持ち越さないことが大切です。新聞の社会面をにぎわす少年の犯罪、幼女の誘拐殺人-性的犯罪、などを犯す子供達、少年達は、ある日突然出来上がった子供ではないことを理解してください。
| now-or-never | IDEA | 01:00 | comments(2) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 01:00 | - | - |
ものすごい分かりやすいです!勉強になりました〜☆

ありがとうございました♪
| ミラクルージュ | 2007/06/13 10:58 PM |

管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2011/05/05 2:30 PM |










http://now-or-never.jugem.jp/trackback/428
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/05/25 5:07 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/06/06 11:49 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/07/09 8:08 PM |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< July 2014 >>
会うまでの時間 自選歌集
会うまでの時間 自選歌集 (JUGEMレビュー »)
俵 万智
俵万智の自選歌集。
サラダ記念日、チョコレート革命、懐かしいあの歌、、、
きみに読む物語 スタンダード・エディション
きみに読む物語 スタンダード・エディション (JUGEMレビュー »)

こんなふうに人を愛し、愛し続けたいと思う、、、
エターナル・サンシャイン DTSスペシャル・エディション
エターナル・サンシャイン DTSスペシャル・エディション (JUGEMレビュー »)
ジム・キャリー
忘れられたらと一番思うものが、今一番忘れたくないことだったりする
誤読日記
誤読日記 (JUGEMレビュー »)
斎藤 美奈子
ひねくれ者の毒舌書評。
 

 

 

このページの先頭へ